ダイバーシティ&インクルージョン

働く人の多様性がE・Jグループを強くする。

長期ビジョン「E・J‐Vision2030」では、「ダイバーシティ経営の実践」を基本方針のひとつに挙げています。E・Jグループの考える「ダイバーシティ経営」は、多様な人財がその能力を最大限に発揮できる環境を提供することによって、個人と組織がともに持続的成長を成し遂げるものです。

建設コンサルタント業は、社会パラダイムの変化の中で活躍の場が益々広がり、提供するべきソリューションに多様性が求められています。この多様性を確保していくには人財の多様性が必要です。E・Jグループは、安心・安全でより豊かな社会を創り出していくために、ダイバーシティマネジメントを積極的に進めています。

女性活躍推進

多様性を確保していく上で、特に力を入れているのが女性活躍です。元来、当業界では、女性の就業比率が低く、男性中心の人員構成となっていました。このような中、子会社 EJECでは、女性活躍による多様性の確保が持続可能性を担保するものとして、女性活躍を推進する行動計画を策定しています。この一環として女性新卒採用を積極的に行うとともに、女性の登用を進めています。この結果、同社では「えるぼし」の最高位の認定や「くるみん」の認定を受けています。また、具体的活動としてEJECの女性職員を対象に「女性活躍に向けたワークショップ」を開催するなど、今後も、女性活躍のための様々な取り組みを積極的に行っていきます。  

グループ全体においても多様性確保に努めており、女性活躍のみならず、幅広い知見・価値観の共有を進めています。


ワークショップ風景

ページの先頭へ